メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

遊び心ある絵で子どもの夢広げる 和田誠さんをしのんで

落合恵子さん主宰の児童書専門店「クレヨンハウス」東京店には、和田誠さんの作品を集めた追悼コーナーが作られている=2019年11月20日、東京都港区のクレヨンハウス東京店で、大沢瑞季撮影

 10月7日に83歳で亡くなったイラストレーターの和田誠さんは、絵本作家としても多くの作品を手掛けた。シンプルだが遊び心のある絵と言葉の世界を、子どもたちに残した。

 和田さんは多摩美術大学を卒業後、広告会社のグラフィックデザイナーとして活躍した。フリーになり、挿絵や本の装丁、週刊文春の表紙などを担当。エッセイスト、映画監督の顔を持ち、作詞や作曲も手がけるなど、多彩な才能を発揮した。絵本は、自身の飼い猫の物語「ねこのシジミ」と、子どもの目線で障害の捉え方を描いた「どんなかんじかなあ」で日本絵本賞を受賞した。

 著書「定本 和田誠 時間旅行」によると、絵本製作は子どもの頃からの夢で、4歳の時にストーリーのある…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです