特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会 名簿、野党要求直後に廃棄 内閣府職員「知らずに」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
内閣府にある大型シュレッダーを視察する野党議員=立憲民主党提供
内閣府にある大型シュレッダーを視察する野党議員=立憲民主党提供

 内閣府は26日、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡って、今年の招待者名簿を廃棄したのは、共産党議員が資料要求した直後だったことを明らかにした。ただ、大型シュレッダーで廃棄した職員は資料要求を知らなかったと説明。野党は「証拠隠滅ではないか」と批判を強めている。【東久保逸夫、浜中慎哉】

 同府の酒田元洋総務課長が、立憲民主、国民民主など野党5党が国会内で開いた追及本部で明らかにした。共産党の宮本徹衆院議員は5月9日正午ごろ、会の招待者や参加者数などの資料を要求したという。これに対し、酒田氏は「名簿を(シュレッダーで)廃棄したのは(5月9日の)昼過ぎ。午後の早い時間」と、要求直後となる時間帯に廃棄したことを明らかにしたが「廃棄した職員は資料要求を知らなかった」と隠蔽(いんぺい)の意図は否定した。

 酒田氏は招待者名簿を処理するため、シュレッダーを使う予約を「4月22日」に入れたことも明らかにした。野党が求める予約表の開示については「今日は出せないが、提示する方向で調整する」と回答した。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文891文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集