メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなのごみ

災害編/上 自治体の処理計画整備、急務 台風19号被害からみえた課題

台風19号で発生した災害ごみの処理の流れ

 <くらしナビ・環境>

 今秋の台風19号など広域的な自然災害が頻発する中、大量の災害ごみが復旧の妨げになった。自治体が処理計画を事前に整備しておくことが急務だが、進んでいないのが実態だ。「災害編」では2回にわたり、課題と教訓を探る。

 ●数百万トン発生か

 台風19号は10月12日夜から13日未明にかけて東日本を通過し、記録的な大雨をもたらした。宮城県、福島県、長野県などを中心に河川の氾濫などが相次ぎ、広範囲が浸水する甚大な被害が出た。

 人命救助や土砂撤去などが一段落した後に問題となるのが災害ごみの撤去だ。総務省消防庁によると、20都…

この記事は有料記事です。

残り1626文字(全文1894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです