メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

市販薬、サプリも服用伝えて=東京大教授、精神科医 佐々木司

 以前、このコラムで「内科など他のお医者さんに薬を出された場合には、薬の名前と病名を精神科の主治医にも必ず伝えてほしい」と書いた。精神科以外の薬も精神状態に影響する可能性があり、精神科の薬との相性を考える必要もあるためだ。つい先日も、診ている患者さんの様子がいつもと違うので尋ねてみると、内科の薬が変わった直後から不調とのことだった。皆さんも注意してほしい。

 今回はこれに加えて、サプリメントや市販薬、漢方薬でも同じことが起こり得ることをお伝えしたい。冬場になると市販の風邪薬を飲む人は増える。また、通院中の患者さんに聞いた印象では、サプリメントや漢方薬を常用している人も少なくなかった。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです