メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 ハンセン病訴訟の終結 信念を貫いた官僚もいた=日本リハビリテーション学舎理事長・宮武剛

 「患者さんに会ったこともない」と私は断ったが、大谷藤郎(ふじお)さんは「俺が紹介するよ」、そう言って東京都東村山市の国立療養所「多磨全生園」を案内してくれた。

 1995年夏、大谷・元医務局長の主導で旧厚生省は「らい(ハンセン病)予防法見直し検討会」を設けた。毎日新聞論説委員だった私は辞退の理由をなくし末席に座った。

 文献で知ってはいたが、入所者が語る半生は衝撃だった。家族ぐるみ迫害され、故郷を追われ、閉じ込められ…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1099文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです