メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スミッシング SMS使いフィッシング 正規業者に紛れ、情報奪う 不正決済被害、急増

実際に確認された偽メッセージの事例。正規業者のメッセージの間に紛れ込んでいる=トレンドマイクロ提供

 スマートフォンのショートメッセージサービス(SMS)に、携帯電話会社などを装ってメッセージを送り、個人情報を盗み取る「スミッシング」と呼ばれる詐欺の手口が巧妙化している。正規業者のメッセージ画面に、偽のメッセージを紛れ込ませる手法も現れており、情報セキュリティー会社や関係機関が注意喚起している。

 「お客様のアカウントに不正ログインの可能性があります。下記URLで検証をお願いします」。今年6月、九州地方の40代女性のスマホにSMSのメッセージが届いた。契約する携帯電話会社から通話料金の通知などが来るのと同じ画面に表示されたため、誘導されたリンク先でIDやパスワードなど個人情報を入力したところ、大手通販会社での不正決済に悪用され、約5万円をだまし取られた。

 スミッシングは「SMS」と、通信事業者や金融機関などを装ったメールを送信して暗証番号やクレジットカード番号などを盗む「フィッシング」(Phishing)と呼ばれる詐欺の手口を合成して短縮した造語。情報セキュリティー大手のトレンドマイクロ(東京都渋谷区)によると、国内では2017年ごろに手口の拡散が確認され、年々、巧妙化しているという。

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文1161文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです