メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

絶えぬ緊張、児相疲弊 攻撃的保護者に苦慮

 難しい保護者対応、子どもの命のために時間外も続く緊張感――。全国の児童相談所に勤める児童福祉司の50人に1人が精神疾患を理由に休暇・休職に追い込まれていたことが毎日新聞の調査で浮かび上がった。国は児童福祉司の増員と機能強化策を打ち出したが、一つ一つに慎重な判断を要する業務の負担は人員増だけでは解消できず、現場の不安は拭い切れていない。【青木絵美】

 「ストレスを抱え、休職手前の職員はもっといる」。中部地方の児相に勤務する50代の男性児童福祉司は、…

この記事は有料記事です。

残り2458文字(全文2683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです