メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球年間表彰 MVP パ、西武・森 セ、巨人・坂本勇

最優秀選手賞に選出され、笑顔を見せる巨人の坂本勇人(左)と西武の森友哉=竹内紀臣撮影

 <NPB AWARDS 2019 supported by リポビタンD>

 プロ野球の年間表彰式「NPBアワーズ」が26日、東京都内で行われ、今季の最優秀選手賞(MVP)に、セ・リーグは巨人の坂本勇人内野手(30)、パ・リーグは西武の森友哉捕手(24)が選出された。ともに初受賞。最優秀新人賞(新人王)には、セはヤクルトの村上宗隆内野手(19)、パはソフトバンクの高橋礼投手(24)が輝いた。

 坂本勇は強打の2番打者として、開幕から36試合連続出塁のリーグ記録を樹立。プロ13年目で自己最多の40本塁打、94打点の成績を残し、チームの5年ぶりのリーグ優勝に貢献した。プロ6年目の森は正捕手として投手陣を支える一方、自己最多の23本塁打、105打点、打率3割2分9厘をマーク。パでは1965年の野村克也(南海)以来2人目で、プロ野球史上4人目となる捕手での首位打者となった。

この記事は有料記事です。

残り1690文字(全文2077文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです