メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタと西鉄、JR九州がMaaS本格始動 一つのアプリで複数交通手段利用

スマートフォン向けアプリ「マイルート」の画面

 トヨタ自動車と西日本鉄道、JR九州は27日、目的地までの最適な移動手段を検索・予約・決済できるスマートフォン向けアプリ「マイルート」について、28日からサービスを本格的に始めると発表した。対象地域は福岡市と北九州市。路線バスが乗り放題になるデジタル乗車券の購入やタクシーの配車予約もでき、手軽な移動を一つのアプリで支援する。

 こうした複数の交通手段を組み合わせる次世代移動サービスは「MaaS(マース)」と呼ばれ、3社によると本格実施は全国初。他の都市にも拡大していく方針だ。JR九州と西鉄は10月、鉄道とバスによる円滑な移動に向けた連携強化を発表しており、これが第1弾となる。昨年11月からトヨタと西鉄が実証実験をしていた。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです