メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡にガンダム旗艦店 ガンプラの「西の聖地」に

ガンダムベースの限定商品=福岡市博多区で2019年11月27日午後2時17分、久野洋撮影

 今年40周年を迎えたアニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル(ガンプラ)の公式店舗「ガンダムベース福岡」が30日、福岡市博多区のキャナルシティ博多にオープンする。約2000種類をそろえ、購入者が組み立てる場所も備える。ガンダムの人気が高いアジアからの観光客も多く、運営会社は同店をガンプラの「西の聖地」と位置付け、情報発信の拠点とする。

 報道関係者に27日、公開された。国内のガンダムベースは東京・お台場に次いで2カ所目。高さ1・8メートルのガンダムが出迎える約820平方メートルの店舗には、初代ガンダムから最新作までのモデルが並ぶ。約50種類のガンダムベース限定販売品もあり、ファンの応募作やプロの作品も展示している。

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです