メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北京冬季五輪ボイコット呼びかけ、米ムスリム団体 ウイグル族弾圧で

中国・新疆ウイグル自治区のカシュガルで、モスク近くを警戒する警官ら=AP

 米国のムスリム(イスラム教徒)団体「エンゲージ・アクション」は26日、中国政府による新疆ウイグル自治区のムスリム・ウイグル族への弾圧に抗議し、米五輪委員会に2022年に北京で開かれる冬季五輪大会への参加をボイコットするよう求める声明を発表した。拘束や拷問など「人権侵害犯罪がウイグル族の数百万人に対し続いている」と指摘。「強制収容施設が稼働している限り、参加はできない」としている。

 エンゲージはワシントンに本拠を置き、ムスリム米国人の政治参加や地位向上に取り組む非営利組織。ボイコットの呼びかけをソーシャルメディアなどで展開し、ウイグル族弾圧に反対する国際世論を喚起することが狙いだ。ワエル・アルザヤ代表はニュースサイト・ハフポストの取材に「五輪は人間性や多様性を祝福する場。ムスリムを拘束しアイデンティティーを抹殺する試みは、その精神の対極のものだ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. #セカンドキャリア 「便はダイヤモンドより価値がある」 起業したサッカー元日本代表の挑戦

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 全国の高校生が生け花「バトル」 事前収録の動画で腕前競う 高松

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです