メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米の対中ハイテク戦争 各国企業に「踏み絵」 ファーウェイなど中国製品締め出し

 次世代通信規格「5G」の技術覇権を巡る米中ハイテク戦争が一段と激化している。米商務省が26日公表した安全保障上のリスクがある外国製通信機器の利用規制案は、華為技術(ファーウェイ)など中国企業のハイテク製品を米市場から排除するのが狙いだ。影響は米企業にとどまらず、米国で事業展開する各国企業に対しても「踏み絵」を迫ることになりそうだ。

 トランプ米政権は中国製ハイテク機器の締め出しを進めている。2018年に成立した国防権限法では、米政府機関がファーウェイや中興通訊(ZTE)など中国5社から製品調達することを禁止。商務省は今年5月、安全保障上のリスクとなる「輸出制限リスト」にファーウェイと関連会社を登録し、米製品の輸出を事実上禁止した。

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  3. 東京都内で新たに280人台の感染者 過去最多

  4. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  5. 「GoTo」キャンペーン 首相「専門家の意見聞く」 16日夕に分科会開催

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです