メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1917年製SL「9600形」無償譲渡へ 石炭運搬、街の繁栄支え 北九州

北九州市が譲渡先を探しているSL=市提供

 北九州市若松区のJR若松駅に隣接した久岐の浜広場で展示している蒸気機関車(SL)が、今年度で展示を終了することになった。石炭で栄えた若松の歴史を象徴する存在だったが、老朽化が進み、安全上の問題を指摘する声も上がっていた。北九州市は来月2~25日、SLを保存・利活用する人を募集し、無償譲渡する。希望者がいなければ撤去する方針。

 SLは1917(大正6)年製の「9600形」で全長16・6メートル、高さ3・8メートル、幅2・6メートル、重量69・3トン。50年に旧国鉄若松機関区に配車され、73年3月まで筑豊本線で運行された。市によると、石炭の積み出し港として栄えた若松まで石炭を運んでいた。廃車後の73年10月に市に貸し出され、駅近くの白山1丁目公園に展示し、89年に現在の場所に移設された。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです