メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「名ばかり事業主で過労死」51歳男性の遺族、佐川急便に賠償求め提訴

亡くなる前日まで着ていた兄の永田誠さんの制服を手にする妹の寿美子さん=大阪市淀川区で2019年11月6日、梅田麻衣子撮影

 佐川急便(本社・京都市)から配送業務を請け負っていた大阪市の男性(当時51歳)が2009年に脳内出血で死亡したのは、長時間労働が原因だとして、遺族が同社に約4500万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。亡くなる前の時間外労働は平均で月151時間に及んでいた。男性は個人事業主として業務委託契約を結んでいたが、遺族側は「実質的には会社の指揮下にあり、佐川には安全配慮義務があった」と主張している。

 27日に第1回口頭弁論があり、佐川側は男性が労働基準法上の労働者には当たらないと主張。「男性と雇用契約はなく、安全配慮義務は負わない」として争う姿勢を示した。実態は労働者なのに最低賃金や労働時間が守られない個人事業主は、「名ばかり事業主」と呼ばれて問題になっている。

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです