メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海汽船 3代目「さるびあ丸」が進水 首都圏と離島結ぶ新たな懸け橋に

進水する東海汽船の「さるびあ丸」=山口県下関市の三菱重工業下関造船所江浦工場で2019年11月27日、牟田口淳氏撮影

 2020年夏に就航する東海汽船の貨客船「さるびあ丸」の進水式が27日、三菱重工業下関造船所江浦工場(山口県下関市)で行われた。

 3代目となる「さるびあ丸」(6200トン)は全長118メートル、幅17メートル。現在就航している2代目(4992トン)の代替船で、同社の船で最大となる。建造費は63億円。これまでの「さるびあ丸」同様、首都圏や伊豆大島など東京諸島を中心に運航され、離島への観光客や生活必需品などの物資輸送で…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです