メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市屋台訴訟 経営者側の訴え退ける 福岡地裁

福岡地裁などが入る庁舎=福岡市中央区六本松で、平川昌範撮影

 福岡市の観光資源にもなっている屋台を経営していた男性2人が、営業を継続するため市側に道路占用不許可処分の取り消しを求めた行政訴訟の判決が27日、福岡地裁であり、徳地淳裁判長は「裁量権の逸脱があったとはいえない」として男性2人の請求を退けた。

 市は原告らの屋台を許可名義人以外が営業する「名義貸し屋台」だとし、2017年3月に道路占用を不許可とした。原告らは「問題…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 栃木・那須塩原の東北道下り6台絡む事故 1人重体1人重傷

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです