メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立競技場、固定資産税約25億円が原則非課税に 民営化に追い風 

工事が完了した新国立競技場=東京都新宿区で、本社ヘリから宮本明登撮影

 東京五輪・パラリンピック後の新国立競技場の民営化計画で、運営する民間事業者の固定資産税が原則非課税になる見通しとなった。政府関係者が27日、明らかにした。国が要望し、課税者である東京都は条件が整えば応じる方針。年間約25億円と試算される税負担がなくなり、民営化の追い風となる。

 同競技場は大会後、独立行政法人の日本スポーツ振興センター(JSC)が所有しながら、運営権を民間に売却する「コンセッション方式」の導入が検討されている。今春行った運営に関心のある事業者への調査で年間24億円と試算される維持管理費に加え税負担に懸念の声が上がっていた。

 地方税法では国や都道府県などの自治体が所有する施設については、運営者を問わずに固定資産税を非課税としている。都が所有し、東京五輪のバレーボール会場となる有明アリーナ(江東区)は広告大手の電通などが運営するが、非課税になる。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. トルコ沖地震死者20人に ギリシャ・サモス島でも2人死亡 救助活動続く

  3. 「崩落の前兆」危機感共有されず 対応後手に 逗子・女子高生死亡

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです