メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ♡マンガ

for TOKYO 2020/4 「ガンバ!Fly high」/「THE SHOWMAN」

主人公たちに跳馬の大技リ・シャオペンを見せつけるキング。キャラクターのモデルになっているのは内村航平選手(THE SHOWMAN)Ⓒ菊田洋之/小学館・少年サンデーS増刊連載中

 ◆「ガンバ!Flyhigh」94~00年/「THESHOWMAN」18年~

 1994年から2000年にかけて週刊少年サンデー(小学館)で連載された体操マンガ「ガンバ!Fly high」(原作・森末慎二、作画・菊田洋之)は、世の体操少年たちを魅了した。16年リオデジャネイロ五輪の金メダリスト、内村航平選手(30)もその一人で、同作に触発されたという。作画を担当した菊田さん(51)は「まさか自分の作品の読者から金メダリストが出るなんて思わなかった」と振り返る。

 「ガンバ」は体操初心者の主人公・藤巻駿が仲間やライバルと切磋琢磨(せっさたくま)しながら成長し、五輪で金メダルを獲得する物語だ。84年ロサンゼルス五輪体操金メダリストの森末さんが、体操競技を盛り上げようと、企画を持ち込んだ。タッグを組むことになったのが、菊田さんだった。

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「宇宙服」型マスクでウイルス遮断 気圧で侵入防ぐ 群馬大グループ

  2. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  3. 河井夫妻逮捕で募る首相への疑惑 「1億5000万円」を説明せよ

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです