メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花谷寿人の体温計

公文書は誰のために

 皇居に近い国立公文書館であの2文字を見ることができる。

 「新しい元号は令和であります」。今年4月1日、菅義偉官房長官が掲げた墨書のレプリカだ。

 公文書館は国の行政機関などから移管を受けて歴史上重要な公文書を保存し、国民に公開する役割を担う。だが私たちはレプリカを目にしても「令和」はおろか、30年前に「平成」がどのように決まったのか知ることができない。

 法律によると、公文書は最長でも30年保存された後、国立公文書館に移され、原則公開される。「平成」の…

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです