メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩の橋を渡って

その人の面影 今も=和合亮一(詩人)

11月

くうちゃん 蟬しぐれだよ

くうちゃん あなたも蟬しぐれになっているかしら

一生懸命な音

あなたらしい音

世界の一生懸命さに交じれたのね よかったね

 「濃緑と茶、黒と銀の毛糸をかぎ針にかけて/ひとはり ひとはり」。丁寧な編み物のように綴(つづ)られている詩行をいくつも見つける。「手はひとりでにうごきだして/見たこともない野原が ひざの上にひろがってゆく」。新鮮でありそれでいて懐かしい感じがある。高橋順子の言葉に触れると日頃からいつも耳にしているかのような親近感をまず覚えてしまう。新刊『さくら さくらん』(deco)からも、その魅力が鮮やかに伝わってくる。

 地球一周の航海。西へと進むうちに元の港へと帰りついた経験から、不思議な遠近感覚にたどりつく。「自分…

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです