メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中村児太郎 「この1年の成長見せる」 難役・阿古屋に再挑戦

=根岸基弘撮影

 東京・歌舞伎座の「十二月大歌舞伎」昼の部で、「壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)」のヒロイン阿古屋を1年ぶりにつとめる。昨年12月の同劇場での公演と同様に、指導を仰いだ坂東玉三郎と中村梅枝との3人での役代わりになる。

 阿古屋は琴、三味線、胡弓(こきゅう)の三曲を弾きこなすことが必要とされ、六世中村歌右衛門没後は、玉三郎しか演じ手がいなかった。難役への若手女形2人の挑戦は、昨年末の話題となった。

 「こんなに早く再演になるとは思いませんでした。1年でどれだけ成長したのか問われるようなプレッシャー…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです