メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日々是・感劇

クイーンと野田のQ

 ロック史に名を刻むクイーンの名盤「オペラ座の夜」と、シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を下敷きに野田秀樹が紡ぐ物語がこれほど響き合い、想像を超えた深遠な世界を織り成すとは。2年半ぶりの新作となるNODA・MAP公演「Q:A Night At The Kabuki」(12月11日まで上演中、東京芸術劇場プレイハウス、演出も野田)である。

 野田は、敵対する家に生まれたロミオとジュリエットのわずか数日間の燃えるような恋の行方を、源平合戦の世に置き換えた。さらに、死で終わるはずの源の愁里愛(じゅりえ)(広瀬すず)と、平の瑯壬生(ろうみお)(志尊淳)という若きカップルに、もう一つの人生を提示する。彼らの運命を変えようと奮闘するのが、「それからの愁里愛」(松たか子)と、「それからの瑯壬生」(上川隆也)という奇想が何とも野田らしい。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. 感謝状 迷子の4歳女児保護 お手柄の能古見小5年・熊本さんに 鹿島署 /佐賀

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです