メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

ナポリタン 横浜市 日本生まれ、庶民の洋食

センターグリルのナポリタン。千切りキャベツとポテトサラダが添えられ、ボリューム満点=横浜市中区のセンターグリルで

 どこか郷愁の味がする。昭和の味といってもいいかもしれない。

 長い間、喫茶店や洋食店のパスタの定番だからだろうか。野菜やハムと炒めたスパゲティにトマトの甘酸っぱさが絡む。

 ナポリタンを愛する横浜市民を中心に結成された「日本ナポリタン学会」の田中健介会長が言う。「日本に洋食文化を伝えた重要人物に仏料理のシェフ、サリー・ワイル(1897~1976年)がいます」。彼の弟子たちが生み出した日本人好みの洋食の一つがナポリタンだという。

 ワイルはホテルニューグランド(横浜市中区)の初代総料理長を務めた。そのコーヒーハウス「ザ・カフェ」…

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです