害獣有効利用の特産品、「しし肉みそ」開発 JAむなかた青壮年部 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JAむなかた青壮年部が開発した新商品「宗像育ち しし肉みそ」
JAむなかた青壮年部が開発した新商品「宗像育ち しし肉みそ」

 JAむなかた青壮年部(中村克也部長)は、市内の加工工場で適正に処理されたイノシシ肉や地元の大豆などを使った新商品「宗像育ち しし肉みそ」を開発した。害獣のイノシシを有効活用した特産品で、道の駅むなかたで販売している。

 JAむなかたでは、農家の有志がイノシシ駆除の免許をとって約5年前から大がかりな駆除に取り組…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

注目の特集