メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

会員らの力作80点 朝倉で「更の会書作展」 /福岡

大竹さん(左)の社中の力作が並ぶ「更の会書作展」の会場

 毎日書道展審査会員で毎日女流書展運営委員の書家、大竹美喜さん=朝倉市=の社中展「更の会書作展」(毎日新聞社など後援)が27日、同市甘木の甘木歴史資料館1階と市中央図書館2階で始まった。12月1日まで、無料。

 大竹さんをはじめ会員25人の近代詩文書を中心にした作品と、大竹さんが教える介護老人保健施設「城山荘」書道部員…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです