メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

香港と米中貿易協議=坂東賢治

 <moku-go>

 中国が外交用語で使う特有の成語がある。例えば「勿謂言之不預=言(げん)の預(あらかじ)めせずと謂(い)う勿(なか)れ」。「事前に聞いていないとは言わせない」という意味の最後通告だ。1962年の中印国境紛争や79年の中越戦争の際は開戦直前に中国共産党機関紙「人民日報」の社説に登場した。

 今年5月、「米国は中国の反撃能力を低く見るな」と題した同紙の署名論文でこの成語が使われた。中国が戦略資源であるレアメタルの輸出制限に踏み切るという観測が流れたが、結局は脅し文句にとどまった。社説と署名論文では重みが違うのかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです