メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

依存症、「課金」で借金80万円 ゲームに生活奪われ

オンラインゲームに没頭した男性。昼夜逆転生活で不眠になり、大学も中退した=奈良県大和高田市で2019年11月14日午前10時50分、梅田啓祐撮影

 世界保健機関(WHO)が「ゲーム障害」を依存症の一つと認定してから半年余。国の初めての大規模調査で、若者のゲーム利用の実態や、長時間のプレーがもたらす影響の一端が浮かんだ。治療法もまだ確立されていない新たな疾患と、どう向き合えばいいのか。【梅田啓祐、上東麻子】

 奈良県大和高田市にある民間の依存症回復支援施設「セレニティパークジャパン」で暮らす兵庫県出身の男性(27)は「自分が依存症なんて思いもしなかった」と振り返る。約半年前に入所し、ギャンブルやインターネットなどに依存していた仲間と共同生活をしながら回復プログラムを学ぶ。

 大学1年の後半、家庭用ゲーム機のオンラインゲームにはまった。次第に寝る時間が夜から朝に変わり「ゲームが生活のメイン」に。大学は2年で中退した。

この記事は有料記事です。

残り2690文字(全文3027文字)

上東麻子

1996年毎日新聞入社。佐賀支局、西部本社、毎日小学生新聞、東京本社くらし医療部などをへて2020年から統合デジタル取材センター。障害福祉、精神医療、差別、性暴力、「境界」に関心がある。日本新聞協会賞を受賞したキャンペーン報道「旧優生保護法を問う」取材班。共著に「強制不妊」(毎日新聞出版)。散歩とヨガ、ものづくりが好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです