メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

生きづらさと向き合う/高大接続改革/気候変動対策

子育てと介護を同時に行う「ダブルケア」について、民間団体などが開いたシンポジウムには行政や社会福祉協議会職員も参加した。ライフセキュリティーの強化は喫緊の課題だ=名古屋市熱田区で2019年9月6日、加藤沙波撮影

 安倍内閣が憲政史上の最長記録を更新する中で、格差は広がり少子高齢化も進んでいる。井手英策氏はこうした問題に取り組む社会保障の必要性を説きつつ、「生きづらさ」の問題に取り組む体制の整備を訴えた。石原俊氏は政府が進める「高大接続改革」の問題点を指摘、吉田徹氏は地球環境問題における国際社会と日本の役割を論じた。

この記事は有料記事です。

残り4400文字(全文4554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです