メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

生きづらさと向き合う/高大接続改革/気候変動対策

子育てと介護を同時に行う「ダブルケア」について、民間団体などが開いたシンポジウムには行政や社会福祉協議会職員も参加した。ライフセキュリティーの強化は喫緊の課題だ=名古屋市熱田区で2019年9月6日、加藤沙波撮影

 安倍内閣が憲政史上の最長記録を更新する中で、格差は広がり少子高齢化も進んでいる。井手英策氏はこうした問題に取り組む社会保障の必要性を説きつつ、「生きづらさ」の問題に取り組む体制の整備を訴えた。石原俊氏は政府が進める「高大接続改革」の問題点を指摘、吉田徹氏は地球環境問題における国際社会と日本の役割を論じた。

この記事は有料記事です。

残り4400文字(全文4554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです