メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

批判精神足りない「総括」=秦美香子・花園大准教授

秦美香子 花園大准教授

 7日朝刊のクローズアップ「ラグビー熱 日本席巻」は、ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の「総括」と銘打っていた。赤字の予想に反して観客動員数が非常に多かったこと、文部科学省がラグビーの普及や選手強化に関する検討会を設置すること、日本ラグビーフットボール協会が小中学生を対象とした普及活動を全国で始めることなどが紹介されていた。応援ムードに寄り添った良い記事なのかもしれないが、批判精神と視点の多様性という点で物足りなく感じた。

 まず、文科省が設置する検討会への問題意識が記事中にない点が気になった。競技団体が大会の成功を機に競…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文816文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕 

  2. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです