メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外志村けんさん死去 70歳 新型コロナに感染

プラハ市、北京市と仲たがい 台湾に接近、姉妹都市を解消

 東欧チェコの首都プラハ市と北京市が台湾問題で対立し、姉妹都市関係を10月に解消した。チェコは中国主導の巨大経済圏構想「一帯一路」に積極的に参加しており、首都が中央政府の外交方針に反する行動を取るのは異例。相次いで中国に外交関係国を奪われていた台湾の蔡英文政権が、一矢を報いた形だ。

 台湾メディアによると、プラハ市と台北市は姉妹都市協定の締結で大筋合意し、双方の議会に諮られる。

 プラハ市のフジブ市長は台湾で医学実習をした経験もある親台派。昨年11月の市長就任後、チベット亡命政府の旗を市役所に掲げたり、台湾当局者を国際会議に招待したりして、中国の反発を買ってきた。香港問題でも警察の対応を批判している。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 大阪府で新たに17人感染確認 無症状の小学生も 4人が味覚や嗅覚の異常訴え

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです