メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第三者組織で安全監視 改正薬機法成立、副作用防止

 医薬品の安全対策を監視・評価する組織の設置を盛り込んだ改正医薬品医療機器法(薬機法)が27日、参院本会議で可決、成立した。薬害の再発防止のため、新たな組織で医薬品行政を監視する。【金秀蓮】

 薬害肝炎問題を受け、医薬品行政の透明性を高め、重い副作用の発生や拡大を防ぐのが目的。安全対策の実施状況を評価し、厚生労働相に意見を述べる。独立性を高めるため、事務局は医薬品の担当部署では…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです