メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2019秋/2 そう簡単に死ねない 朝比奈隆さん(87)

自宅のアトリエで「感性で描きたい」と話す朝比奈隆さん=千葉県睦沢町で2019年10月11日午後4時、川上珠実撮影

 <命ある限り documentary report 252>

 10月中旬、九十九里浜にほど近い千葉県睦沢町の自宅のアトリエには、油絵の具の匂いが立ちこめ、窓から見える庭の木々は色づき始めていた。「卒寿展をやったら自分の寿命が終わるんじゃないか。間に合うように作品を作らないと」。洋画家の朝比奈隆さん(87)は今、卒寿に合わせた個展に向けキャンバスに向き合う日々を過ごしている。

 50代でぼうこうがんになり、70歳で全摘出手術を受けた。今年に入ってその傷痕がうずき始めた。「手術の賞味期限かな」。痛みがあの夏を思い起こさせる。

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです