メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

オトナの人気、ハシビロコウ

ちょっとした仕草が来園客を引きつけるハシビロコウと松本和人さん=千葉市動物公園で、谷本仁美撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 眼光鋭く「動かない鳥」として知られるハシビロコウ(ペリカン目)が注目されている。世界の動物園で飼育されている40~50羽のうち、14羽が国内。世界の中でも日本は多く見ることができる環境だ。人気の秘密を探った。

 ●おじぎで親愛の情

 「あっ、動いた!」「忍び足で歩いているね」。雄と雌の2羽を飼育している千葉市動物公園。遠足で来ていた小学生が一斉に声を上げた。飼育担当の松本和人さん(53)によると、子どもよりも大人に人気があるようで、羽ばたく瞬間を捉えようと週末にはカメラを構える人が少なくない。足を止める人も以前より増えたように感じるという。2013年に同園が初めて実施した「動物総選挙」では1位に輝いた。関連グッズの売り場はパンダに次ぐ広さだ。

 ハシビロコウは体高約110~140センチ。灰色の体で、大きな頭とくちばしが特徴だ。アフリカ大陸東部から中央部の湿地や周辺の草原地帯に生息しているが、狩猟や捕獲、環境破壊などにより絶滅危惧2類に指定されている。餌となる肺魚を捕まえるため、水面に浮かんでくるのを数時間動かずに待つ。

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです