メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

オトナの人気、ハシビロコウ

ちょっとした仕草が来園客を引きつけるハシビロコウと松本和人さん=千葉市動物公園で、谷本仁美撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 眼光鋭く「動かない鳥」として知られるハシビロコウ(ペリカン目)が注目されている。世界の動物園で飼育されている40~50羽のうち、14羽が国内。世界の中でも日本は多く見ることができる環境だ。人気の秘密を探った。

 ●おじぎで親愛の情

 「あっ、動いた!」「忍び足で歩いているね」。雄と雌の2羽を飼育している千葉市動物公園。遠足で来ていた小学生が一斉に声を上げた。飼育担当の松本和人さん(53)によると、子どもよりも大人に人気があるようで、羽ばたく瞬間を捉えようと週末にはカメラを構える人が少なくない。足を止める人も以前より増えたように感じるという。2013年に同園が初めて実施した「動物総選挙」では1位に輝いた。関連グッズの売り場はパンダに次ぐ広さだ。

 ハシビロコウは体高約110~140センチ。灰色の体で、大きな頭とくちばしが特徴だ。アフリカ大陸東部…

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです