特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会 芸人はダメでも政治家はいいの? 官房長官、反社と写真か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で「桜を見る会」を巡る問題について質問を受ける菅義偉官房長官=首相官邸で2019年11月27日午後4時48分、川田雅浩撮影
記者会見で「桜を見る会」を巡る問題について質問を受ける菅義偉官房長官=首相官邸で2019年11月27日午後4時48分、川田雅浩撮影

 菅義偉官房長官が「桜を見る会」で、反社会的勢力とみられる人物と写真撮影をした疑いが浮上している。菅氏は27日の記者会見で、反社会的勢力の人物が出席した事実は確認できないと述べたが、野党は招待者選定の責任者である菅氏の進退も含めて追及している。

 この問題は、会の出席者がツイッターに、菅氏と握手する場面など複数の写真を投稿したことから浮上した。写真に詐欺事件などに関わる反社会的勢力の一員とされる人物が写っているとして、週刊誌などが相次いで「反社会的勢力が招待されていた」と報じた。

 菅氏は26日の記者会見で「写真を撮った中にそうした方がいたという指摘を受けたので、結果として入っていたんだろう」と述べた。27日の会見では「写真があるならその方が会場にいたのだろうと言った。反社会的勢力が出席したとは言っていない」と発言。「写真を撮影した人物と面識はない」とも述べた。参院本会議でも、反社会的勢力の出席に関し「個人情報のため回答を差し控える」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1144文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集