メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党、29日から審議拒否へ 桜を見る会巡る政府対応に不満 与党は審議継続の構え

安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題の野党追及本部ヒアリングで内閣府などの担当者たち(左列)に質問する議員たち(右列)=国会内で2019年11月28日午後4時5分、川田雅浩撮影

 立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党は28日、首相主催の「桜を見る会」の疑惑を巡る政府の対応が不誠実だとして、29日から衆参両院で審議拒否に入る方針を決めた。一方、与党は野党欠席のまま、日米貿易協定承認案などの審議を続ける構えだ。

 野党4党は、悪質なマルチ商法で知られるジャパンライフの元会長が2015年の会に「首相枠」で出席した疑いを指摘。元会長…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです