特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「旅費は安倍後援会、でも政党支部の報告書に」 桜を見る会野党ヒアリング詳報

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
28日の野党ヒアリングで出された領収書のコピー。宛名として「自由民主党山口県第四選挙区支部様」とあり、89万710円を旅費として領収したとしている=2019年11月28日、江畑佳明撮影
28日の野党ヒアリングで出された領収書のコピー。宛名として「自由民主党山口県第四選挙区支部様」とあり、89万710円を旅費として領収したとしている=2019年11月28日、江畑佳明撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡る問題で、立憲民主や国民民主、共産、社民の野党追及本部は28日、政府事務局側にヒアリングを行った。安倍晋三首相が代表となっている政党支部の政治資金収支報告書や、「桜を見る会」に参加した安倍事務所のスタッフに招待状が出ていたかなどが議論された。主なやり取りは以下の通り。【江畑佳明、大場伸也/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2511文字(全文2684文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集