メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院憲法審 ネット広告規制巡り議論 国民投票法改正案の採決また見送り

国会議事堂=東京都千代田区で、本社ヘリから佐々木順一撮影

[PR]

 衆院憲法審査会は28日、欧州視察の報告を踏まえた自由討議を行った。今国会3回目の自由討議で、憲法改正を巡る国民投票時のインターネット広告の規制などについて意見を交わした。国民投票法改正案の採決はこの日も見送られ、与野党がそれぞれの立場を改めて主張する場面もあった。

 2007年5月に成立した国民投票法は、テレビ・ラジオのCMを規制する一方で、ネット広告に関する規制はない。ただ、電通のまとめでは、ネット広告費は06年の3630億円から18年には1兆7589億円と5倍近くになっている。

 公明党の国重徹・元総務政務官は、ネット広告の影響力拡大に触れ、「ネット上の政治広告は、利用者の閲覧履歴を分析して打つことができ、投票の判断をゆがめるとの指摘がある」と強調。個人が自由に発信できるネットの特性から、広告規制をしても効果は限定的だとの見方も示し、「議論が必要だ」と訴えた。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は「法制定時には想定されなかったインターネットの発展とグローバル化に対し、法的にも手当てをすべきだ」と主張。ネット広告の規制を盛り込んだ同党の国民投票法改正案を並行して審議するよう求めた。

 自民党は審査会に先立って開かれた憲法審幹事会で、改めて国民投票法改正案の質疑・採決を提案したが、野党側は応じなかった。新藤義孝・与党筆頭幹事(自民党)は審査会の自由討議で「皆さんが議論しようと言っている。(採決で)手続きを進めて議論を深めようではないか」と呼びかけた。【遠藤修平】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです