メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港人権法成立 トランプ氏、署名以外の選択あり得ず 米中貿易交渉で「取引」視野

米国の「香港人権・民主主義法」を巡る米中の立場

 米中貿易交渉への影響を避け中国を刺激したくないトランプ氏は、ぎりぎりの選択を迫られた。来年の大統領選を控え、下院でウクライナ疑惑の弾劾審査が進むトランプ氏にとって、署名する以外に選択肢がなかったのが実情だ。与党・共和党議員の離反を招きたくないからだ。

 香港情勢は米国でも大きく報道され、中国政府に批判的な民主派に共感する論調が大半だった。中国への圧力を強めるべきだとの声が議会でも高まり、習近平国家主席を「友人」と呼び直接の批判を抑制するトランプ氏は、米世論の中で浮いた存在になっていた。

 超党派グループが提出し、上下院を圧倒的賛成多数で通過した法案について、トランプ氏は香港の市民と習氏の「両方を支持する」と述べ、署名に積極的な姿勢は示していなかった。だが大統領権限で拒否権を行使したとしても、議会に戻された法案が両院でそれぞれ3分の2以上の賛成を得て再可決されることは避けられない情勢だった。

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  4. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです