メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国初、ふるさと納税でアニメ製作 「邪神ちゃんドロップキック」千歳編 2000万円目標に寄付募る

ふるさと納税を活用したアニメ製作を告知するイメージ画像=北海道千歳市提供

[PR]

 北海道千歳市は、観光PRを目的に「ふるさと納税」を活用したテレビアニメ製作に取り組む。12月2~31日、2000万円を目標に寄付を呼びかける。市によると、ふるさと納税を活用したアニメ製作は全国で初めてという。【阿部義正】

千歳市がふるさと納税で製作するアニメで、主人公の声を務める声優の鈴木愛奈さん=北海道千歳市提供

 製作するテレビアニメは、市出身で声優、歌手として活躍する鈴木愛奈さんが主人公の声を務める「邪神(じゃしん)ちゃんドロップキック」。漫画家のユキヲさんの同名ウェブコミック作品が原作で、第1期(全11話)がBSフジや北海道文化放送などで昨年7~9月に放送された。第2期(全11話予定)が来年4~6月に放送される予定で、今回はその特別編(第12話)として支笏湖など市内を舞台にした「千歳編」を製作する。

 市は、寄付の返礼品として放送回を収めた非売品のブルーレイディスクを想定。高額寄付者には作品の最後に名前が流れる特典も検討している。その他、関連イベントを市内で開いて誘客を図るとともに、熱心なファンが作品の舞台となった土地や建物などを聖地と称して訪れる「聖地巡礼」需要にも期待を込める。

 ふるさと納税の方法などの詳細は29日、市の観光サイト「ちとせの観光」で公表する。市観光企画課の吉見章太郎課長は「ファンの思いが届くふるさと納税にしようと準備してきた。鈴木愛奈さんやファンの皆さんと一緒に取り組みを成功させたい」と話している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信号待ちの車列に車突っ込む 7歳女児死亡、9人重軽傷 大阪

  2. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  3. 植松被告接見一問一答(初回~8回目)「本当に申し訳ありませんでした」「死ぬのは怖い」「事件前に大麻」

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです