メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川上哲治さん生誕100年 故郷で企画展 初公開の座像も 熊本・人吉

会場には遺品など川上さんに関するさまざまなものが展示されている=山本泰久撮影

 プロ野球・巨人の選手、監督として戦中~戦後のスポーツ史に大きな足跡を残した川上哲治さん(1920~2013年)の生誕100年を記念する「偉業を伝える企画展」が、川上さんの故郷・熊本県人吉市(旧大村)の人吉クラフトパーク石野公園展示室で開かれている。ユニホーム、直筆書など約150点が展示され、訪れた人たちは郷土の偉人の活躍を懐かしんでいた。来年11月1日まで。無料。【山本泰久】

 川上さんは1938年に熊本工から巨人に入団。戦争を挟み、58年の引退までに、最優秀選手(MVP)3度、首位打者5度、本塁打王2度などのタイトルを獲得した。引退後は61年に巨人の監督に就任し、監督1年目の61年と63年、65~73年と14年間でリーグ優勝11回を達成し、巨人の黄金期を築いた。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです