メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症患者の徘徊 スマホアプリで捜索協力 石川で体験会開催

みまもりあいアプリを使って認知症役の人を探す参加者ら=石川県能美市辰口町の辰口福祉会館敷地内で2019年11月24日午後3時11分、井手千夏撮影

 認知症患者が徘徊(はいかい)して行方不明になるケースが全国で相次ぐ中、石川県能美市でスマートフォンのアプリを使って地域住民らが協力して行方不明になった人を探す取り組みの体験会が県内で初めて開かれた。認知症患者から常に目を離せない家族の負担は大きく、ITを利用した取り組みの効果が期待されている。【井手千夏】

 辰口福祉会館(能美市辰口町)で24日に行われた体験会(県医師会、能美市など主催)には市民や民生委員、福祉施設関係者ら約130人が参加。行方が分からなくなった認知症の人の探し方やその後の対応方法を学んだ。

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  2. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転…「第2波」への懸念強まる

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです