メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「さざなみタウン」12月オープン 旧市役所跡地に整備 産業文化交流拠点

広さが2倍以上になった市立長浜図書館の開架フロア=滋賀県長浜市高田町で2019年11月26日午後4時38分、若本和夫撮影

 滋賀県長浜市の旧市役所跡地に整備された産業文化交流拠点「さざなみタウン」(高田町)が来月1日、オープンする。市立長浜図書館や長浜まちづくりセンター、長浜商工会議所など、長浜の産業・文化の中心的な施設が集積されている。今月26日には内覧会が開かれ、報道関係者らに施設の内部が公開された。【若本和夫】

 さざなみタウンは2014年12月に新庁舎が完成した市役所の跡地を活用するため、新たな産業と文化の交流拠点として計画された。市立長浜図書館や長浜まちづくりセンターなどが入る「ながはま文化福祉プラザ」(鉄骨造り3階建て、延べ床面積約5350平方メートル)と、長浜商工会議所会館・長浜ビジネスサポートセンター(鉄骨造り2階建て、延べ床面積約1420平方メートル)の2棟からなる。

 外観は琵琶湖のさざ波のようなデザインの壁と、伊吹山系を表現した屋根の形を採用。内装には地元産の木材をふんだんに用いるなど、温かい雰囲気を演出している。「さざなみタウン」の名称は昨年8~10月に公募し、810点の応募の中から選定委員会の選考を経て「響きが良くて、なじみやすい」などの理由で選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  3. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 小中学校全面再開延期、屋内施設はすべて休館…北九州市で26人感染確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです