メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震発生時の動作イラストに 漫画家の細川貂々さん製作 兵庫・宝塚

制作したシェイクアウトのイラストを手に持つ細川貂々さん=兵庫県宝塚市役所で2019年11月12日午後2時35分、土居和弘撮影

 「ツレがうつになりまして。」などの作品で知られる兵庫県宝塚市在住の漫画家、細川貂々(てんてん)さんが、地震が発生した時に身を守る3動作からなる「シェイクアウト」のイラストを描いた。市文化財団の依頼で制作し、市在住の音楽デュオ、アンニョン・クレヨンが作詞作曲したオリジナルソングとともに訓練の際には無償で利用できる。細川さんは「地震は、いつどこで起きるか分からない。シェイクアウトが広く知られるきっかけになれば」と話している。【土居和弘】

 イラストや歌の制作は、市文化財団の三戸裕徳さんが防災訓練などで市に協力するうちに、「子どもからお年寄りまで、シェイクアウト訓練に楽しく取り組めないか」と発案。9月中旬、イラストは細川さんに、歌作りはアンニョン・クレヨンの葵金珠(あおいきんぎょく)さんと光星壮馬さんに協力を求めた。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです