メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「同期との給料の差埋める」チケット不正転売容疑で都職員逮捕 警視庁

警視庁=2019年5月10日、米田堅持撮影

[PR]

 プロ野球や宝塚歌劇団のチケットを高値で転売したとして、警視庁生活安全特別捜査隊は28日、東京都北区浮間、都職員(千代田都税事務所)、山内浩史容疑者(35)を入場券不正転売禁止法違反容疑で逮捕したと発表した。山内容疑者は2012年からチケット転売を始め、これまでに約5000万円を売り上げたとみられる。今年6月に施行された同法による逮捕は全国で初めて。

     逮捕容疑は今年7~10月、インターネット転売サイトで、プロ野球オールスターゲームと宝塚歌劇団のミュージカルのチケット(計2万5100円)を男女3人に計5万6500円で不正転売したとしている。山内容疑者は「同期が出世する中、自分は都庁に入った時のままの階級で、給料の差を埋めたかった。株投資にも使った」などと容疑を認めているという。

     山内容疑者は12年、外国為替証拠金取引(FX)で生じた200万円の借金を返済するため、手元にあったチケットを転売サイトに出品。高値で売れたことから、自分や家族の名前で「DREAMS COME TRUE(ドリカム)」や「ゆず」など多数の歌手のファンクラブに入会し、チケットの購入と転売を繰り返していたという。

     山内容疑者の3口座には12年3月~今年8月、チケット転売の売り上げ約5000万円が入金されていたという。【山本有紀】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

    2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

    3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

    4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

    5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです