メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古式の圧搾法再現 田中酒造場が初搾り 兵庫・姫路

天秤棒に重りの石をつるす職人ら=姫路市広畑区本町3の田中酒造場で2019年11月27日午後2時24分、広田正人撮影

 兵庫県姫路市広畑区本町3の「田中酒造場」(田中康博当主)で27日、古式の圧搾法を再現した「石掛式天秤(てんびん)搾り」による初搾りが始まった。3日間かけてじっくりと流れ出す柔らかな味の酒は、12月から店頭に並ぶ。【広田正人】

 江戸末期から大正時代に行われた天秤搾りは「槽(ふね)」と呼ばれる桜材のタンクに、5リットルほどのもろみが入った袋を重ね入れる。槽につながる長さ6メートルのケヤキ材の天秤棒に、天然の石数個をつるして重りとし、てこの原理で徐々に圧力をか…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  5. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです