メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

培養肉バーガーの市場デビューは「2年半後」 マーク・ポスト教授、食感や味に自信

モサ・ミートが開発した培養肉を使ったハンバーガーを手にするマーク・ポスト教授=同社提供

 2013年に世界で初めて培養肉を使ったハンバーガーを発表したオランダ・マーストリヒト大のマーク・ポスト教授(62)が毎日新聞のインタビューに応じた。培養肉の商業化を目指すベンチャー企業モサ・ミートの最高科学責任者でもあり、開発の狙いや今後の展望を聞いた。【聞き手・竹下理子】

 ――培養肉の利点とは。

 ◆第一は環境負荷を減らせる。畜産業は温室効果ガスの15~20%を排出しており、特に牛は(おならやげっぷで)大量のメタンガスを放出している。第二は食料問題だ。世界の人口は50年までに100億人近くになると推計され、肉の生産に多くの資源を使い続ければ、食料安全保障の脅威になる。

 ――培養肉ハンバーガーは改良できていますか。

 ◆当時は一つに25万ユーロ(約3000万円)かかり、非常に高価だった。しかし、生産規模を拡大すれば12ユーロ(約1400円)程度までコストダウンするめどが付いた。ただ、スーパーに並べるにはまだ高すぎる。50セント(約60円)程度まで下げる必要がある。

 ――食感は。

 ◆当初、ハンバーガーに使ったミンチ肉は…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです