特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

店員に「生理中」バッジ 客に知らせる必要ある? 大丸梅田店の試行と錯誤

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大丸梅田店が女性の性と生理をテーマに新たに設けた売り場「ミチカケ」。生理バッジに使われたキャラクター「生理ちゃん」のパネルも展示されている=大阪市北区で2019年11月26日、荻野公一撮影
大丸梅田店が女性の性と生理をテーマに新たに設けた売り場「ミチカケ」。生理バッジに使われたキャラクター「生理ちゃん」のパネルも展示されている=大阪市北区で2019年11月26日、荻野公一撮影

 大阪市北区の百貨店「大丸梅田店」が、女性向け売り場で従業員が生理中であることを示すバッジを胸元に付ける取り組みを始めたところ、「セクハラではないか」などと議論を呼び、中止に追い込まれた。売り場にテナントを出店した関係者からも疑問の声が上がった。同店は「従業員同士で体調を気遣えるようにという内部の取り組みで、客に広く知らせる意図はなかった」とし、「今後は顧客に分からない形に変更する」という。【塩田彩、中川聡子/統合デジタル取材センター】

「女性の悩みに向き合う」売り場新設に合わせて導入

 大丸梅田店は22日、婦人服売り場である5階フロアを一部リニューアルし、893平方メートルを、生理用品や美容グッズなどの商品を並べた売り場「ミチカケ」としてオープン。同店は「自分の心・身体の悩み、家族が抱える課題、人付き合いの心配、社会問題など、これまでにない課題に直面」する現代の女性の悩みを「少しでも多く解決する場所」とPRする。

 売り場のリニューアルに合わせ、ミチカケの開設を知らせる販促バッジの裏面に、漫画家の小山健さんが生理をテーマに描いた漫画「生理ちゃん」のキャラクターを印刷したものを、5階フロアで働くスタッフ約500人に配布。生理中であることを示したいスタッフはバッジを裏返し、「生理ちゃん」側を見せて付けるという試みを10月中旬から始めた。

 大丸梅田店の広報担当・樋口陽子さんによると、この取り組みは「女性の深層的な悩みに向き合う」というコンセプトで売り場を作る過程で、若手スタッフから…

この記事は有料記事です。

残り2241文字(全文2887文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集