メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

産官学で来年1月にも「培養肉研究会」発足へ 動物の細胞から食用の肉を作る

日清食品ホールディングスと東大のグループが作製した「培養サイコロステーキ」=東京都目黒区の東大駒場キャンパスで2019年10月18日午後6時1分、竹下理子撮影

 動物の細胞を増やして作る培養肉の産業化に向けて、大手食品メーカーや大学、農林水産省が来年1月にも研究会を設立する。海外では将来の食料危機を見据えた開発競争が過熱しており、国内でも法律などの環境整備に産官学で取り組み、普及に向けた動きを本格化させる。培養肉を巡って大手企業が連合を組むのは国内初。研究開発でも部分的な協業を視野に入れる。

 設立されるのは「細胞農業研究会」(仮称)。日清食品ホールディングス(HD)や日本ハムなどの食品大手のほか、細胞培養ベンチャーのインテグリカルチャー(東京)、東京女子医科大、農水省など10以上の企業・機関が参加。事務局は民間シンクタンクが担い、設立総会を来年1月にも開く予定だ。

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. オリックス山崎福 「緩急はまった」充実の3勝目 好けん制にも助けられ

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです