サル由来Bウイルスに人間が感染 国内初、医薬品開発会社で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鹿児島市役所=菅野蘭撮影
鹿児島市役所=菅野蘭撮影

 鹿児島市と医薬品開発会社「新日本科学」(東京都)は28日、鹿児島市内の同社研究所でサルの動物実験をしていた技術員がサル由来の「Bウイルス」に感染し、治療を受けていると発表した。容体は明らかにしていない。感染例は海外でも50例ほどで国内で確認されたのは初めて。

 過去の感染例は動物実験施設などでサルと接触したケースが大半で、国立感染症研究所は「通常、ヒトからヒトにはうつらないので…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

あわせて読みたい

注目の特集