メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

新料金などの見直しを求める署名を神戸市に提出する「須磨水族園を考える会」の大竹奈緒子代表(右端)ら=同市中央区で2019年11月22日午後5時57分、反橋希美撮影

 神戸市立の水族館「須磨海浜水族園」(神戸市須磨区)が民営化されることになり、導入予定の新入場料に市民から「高過ぎる」と批判が出ている。小中学生は現行の500円から4倍近くの1800円。各年代で大幅値上げとなる。市が交渉している企業事業体は周辺一帯を「リゾートパーク」として開発する計画で、その整備費用が入場料に転嫁されるためだ。反発する市民は「教育施設なのに子どもたちが行けない」と見直しを求める署名活動を始めた。

 「スマスイ」の愛称で親しまれる同園は1957年に「須磨水族館」として開業し、当時は「東洋一の水族館」とも言われた。しかし、老朽化が進み、修繕の費用が多額になると見込まれたため、市は2017年に民設民営方式での建て替えを決定。周辺の公園や宿泊施設も含めて再整備を委ねることにし、公募の結果、今年9月にサンケイビル(東京都)など7社による共同事業体を優先交渉権者に決めた。

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです